ソフトウェアRAIDとハードウェアRAID

複数のハードディスクにデータを分散・記録することで、高速化・冗長化・大容量化を実現するRAID。その構成方法には、ソフトウェアRAIDとハードウェアRAIDという2つの方式があります。

ソフトウェアRAIDというのは、OSなどのソフトウェアによって複数のディスクをまとめて制御する方式のこと。安価であるぶん、設定がやや面倒といった特徴があります。

一方、ハードウェアRAIDというのは、専用のハードウェア・コントローラによって制御する方式で、コントローラをコンピュータ本体に内蔵するか、外部に設置するかで、さらに2つのタイプにわけることができます。

ソフトウェアRAIDに比べて設定は簡単なものの、そのぶん、価格は高価になります。

ソフトウェアRAIDの特徴と復旧方法

ソフトウェアRAIDの性能は、CPUの性能に依存します。
そのため、最近の高性能のCPUを使用すれば、ハードウェアRAID以上のパフォーマンスを期待することもできます。ただし、RAIDの管理をCPUで処理するため、CPUにかかる負荷は当然大きくなります。

負荷がかかり過ぎると、CPUが本来のパフォーマンスを発揮できずに動作が遅くなるばかりか、コンピュータがダウンしてしまう恐れもあります。

トラブルの原因が、アプリケーション的なものであれば、バックアップからのコピーやシステムの復元によって、プログラムの回復を図ると良いでしょう。
それでも復旧できない、または、そもそものトラブルがより深刻な場合には、データ復旧の専門業者に依頼するのが確実です。

ハードウェアRAIDの特徴と復旧方法

ハードウェアRAIDは、専用のハードウェアを必要とするぶん、価格こそ高価になりがちですが、CPUにかかる負荷を軽減することができます。

たとえ障害が発生したとしても、システムをそのまま使い続けることができ、また障害が発生したディスクのみを取り換えることで、元通りに復旧させることができます。

また、OSやアプリケーションの設定を特別に変更する必要がないなど、設定が簡易である点もハードウェアRAIDの大きな特徴のひとつです。

緊急!RAID復旧110番