RAID6

重要なデータが壊れてしまった緊急事態!どうすればいいのか?

二重のパリティにより、データの安全性を高めたRAID6

RAID6は、パリティと呼ばれる誤り訂正符号によって大容量化・高速度化・耐障害性向上を実現するRAID5を、さらに改良・進化させたシステムです。
2種類のパリティを同時生成することで、RAID5以上に、データの安全性を高めています。
なお、RAID6は、パリティの組み合わせによって、さらに「2D-XOR」「P+Q」に分類することができます。

メリット

パリティ(誤り訂正符号)をディスクに記録していくことで、仮にデータが破損したとしても、その部分を修復することができるという基本的な仕組みは、RAID5と同じです。
RAID5との決定的な違いは、データ復旧の要とも言うべき、パリティの数。
パリティを1つしか持たないRAID5に対して、RAID6は2種類のパリティを持ちます。

このことによって、たとえば2台のHDDが同時に故障するといった、RAID5では対応不可能なケースにおいても、RAID6ならしっかりとデータを復旧させることができるのです。

デメリット

RAID6最大の特徴である二重のパリティには、一方でデメリットもあります。
異なるアルゴリズムを用いて2種類のパリティを同時生成・分散記録していくため、1つで済むRAID5と比較すると、データの書き込み速度はどうしても低下してしまいます。

RAID5とホットスペアの組み合わせでも、ある程度のリスクは回避できるため、RAID6の普及はまだあまり進んでいません。
しかし、複数のサーバによるストレージの共有化が進む現在、1つのディスク障害がシステム全体に影響を及ぼすリスクも高まっています。

複数障害にも対応可能なRAID6の有用性は、今後ますます高まるものと考えられます。

緊急!RAID復旧110番