早さで選ぶ

重要なデータが壊れてしまった緊急事態!どうすればいいのか?

失敗しない業者選びは『スピード』

大事なデータの破損などは突然にして起こるものです。

  • 大事な会議やプレゼンに必要な資料
  • システム運営に欠かせないデータ

など、大至急復旧しなくてはならないものも多々あると思います。そんな時に大多数の方ができる事ならいち早く大事なデータを復旧してくれる会社に依頼したいと考えるはずです。

そこで、まずはデータ復旧までに掛かる期間について解説したいと思います。

診断だけでも1ヶ月…なんて業者もある

大抵のデータ復旧会社では、まず最初にダメージの状態を診断します。復旧業者を選ぶ際には、この期間を事前にチェックしておく、もしくは問い合わせ時に確認しておきましょう。診断だけでも何日も掛かる会社や、海外に依頼している会社などでは一ヶ月近く掛かるような会社もあるのですが、中には最短の場合、その日のうちに診断ができてしまう会社もいくつかあるようです。急いでいる場合には、診断にかかる時間が早い業者を選びましょう

診断が終了すると今度はいよいよ復旧作業に入ります。破損の状態などによりバラつきはあると思いますが、こちらも会社によって期間がまったく違います。そんな中、私の場合には診断と復旧作業を合わせても即日復旧データを返却してくれる会社を見つけることもできました。即日返却してくれるのであれば、いくら払っても構わないと正直思いました。

即日対応については別料金で請け負うというスタンスの会社が基本的に多いように感じましたが、なんと通常の受付も即日返却可能という良心的な会社もありました。ぜひランキングコーナーなどを参考にして見てください。普段から対応先を決めておくと、万が一のことが起こった際にもより迅速な対応をすることができると思います。

緊急!RAID復旧110番