停電や漏電などによる故障

重要なデータが壊れてしまった緊急事態!どうすればいいのか?

突然の停電でデータが飛ぶ!?

停電や漏電などの突発的な事故に遭遇してしまうこともあると思います。そんなときにはどのような故障が起こるのかを紹介したいと思います。

①停電後のエラーメッセージとランプ点灯

急に停電の被害にあってしまうとこういった「ハードデスクのシステム領域が不正」というエラーが起こることがあるそうです。データの閲覧をすることができなくなり、再起動をしても改善しない場合にはデータの損傷が起こっている可能性があります。無理に復旧を試みようとせずに、他に何か異常な点は見られないか?ランプなどの状態を把握した上で、復旧会社に相談をしてみるようにしてください。

②サーバに接続できなくなってしまった

漏電が起こっていたり、急な停電の後にはファイルにロックが掛かってしまったりすることでサーバーにアクセスできなくなることもあります。原因に関しては、ある程度の知識を持っている人でも探ることは難しく復旧となると確実にプロの力を借りないと難しいでしょう。

突発的な被害とはいえ、備えをつくっておくことでいくらかは対策ができます。UPS(無停電電源装置)の導入したり、必ずバックアップを取っておくなど自己防衛をしておかなければ防ぐことは難しいと思います。事故が起こってからでは自分の手で復旧することはかなり難しい部分ですので、データ復旧業者に依頼しなければならなくなるでしょう。重要なデータを扱っているのであれば、早急にプロに相談しながら今後の対策なども考えることが重要でしょう。

緊急!RAID復旧110番